ヘアカラートリートメントの口コミランキングサイト

ヘアカラートリートメントの口コミまとめ。ランキング1位はコレ!

白髪を抜くと増えるとよく聞くと思うけど、違った意味でダメだった!

nuku「白髪を抜くと白髪が増える」という言葉、結構有名ですよね?1度は聞いたことがあるという人も多いかと思います。
けれど逆に「白髪をぬくと増えるというのはデマ」という話も聞いたことがあるかと思います。

「結局どっちなの!?」と悩んでしまう人も多いかと思いますが、ここでは「実際に白髪をぬくと増えるのか?」「なぜそう言われ始めたのか?」「実際抜くとどうなるのか?」など「白髪を抜く事」に関しての様々な疑問にお答えしていきたいと思います!

白髪を抜くを増える?

まずは皆さんが一番気になっているであろう、よく言われる「白髪を抜くと増える」という噂は本当なのか?という部分を解明していきたいと思います。

実は白髪は抜いても増えるということはない!

衝撃の事実かもしれませんが、実は白髪を抜いたからといって白髪がさらに増えるということは無いんです!
びっくりですよね?
あれだけよく言われる「白髪をぬくと白髪がより増える」という言葉ですが、実は医学的にもそんな根拠はどこにも無いのです。

そもそも、髪の毛というのは元は全て白いのです!
これ、実は知らない人が多いのではないでしょうか?髪の毛ははじめ、白い色で作られ、そこに髪の毛を黒くするためのメラニン色素が送り込まれることで黒く健康な髪の毛になって生えてくるのです。

なので白髪というのは、そのメラニン色素が足りなくなることから発生します。
つまり一度白髪が生えてしまった毛穴は「メラニン色素が足りなくてこの毛穴から生える髪の毛は黒い色がつけられないよ?」ということなんですね。

なので白髪を抜いてしまうと白髪が増えるというは全くのデマです!白髪を抜こうが抜かまいが白髪の数というのは変わらないのです。

白髪が増えるように言われるようになったのは錯覚が原因!?

では何故「白髪をぬくと白髪が増える」と言われるようになってしまったのか?それは「目の錯覚」が関係していると言われています。
白髪を抜いても白髪の数は変わらないということは前記で説明しましたね?
そのせいで「白髪を抜いているはずなのに全然本数が減らないな…」という考えに陥ってしまい「抜いているのに減らない=白髪が増えている?」と勘違いしてしまうのです。

また、白髪を抜いたことで一時的に黒い髪が残り白髪が無くなったと思ってもまた同じ部分に生えてくることで「白髪が増えてしまった」ように見えることもあります。
また、白髪というのは歳を取れば取るほどに増えてくるものでもあります。

年齢を重ねることでメラニン色素が段々と少なくなり、白髪が増えるのですが、それを毎回抜いていると「抜いたせいで白髪が増えてしまった!?」と勘違いしてしまうことも、「白髪をぬくと白髪が増える」と言われる原因になってしまっているのです。

つまりは、錯覚や勘違いが原因でそういった噂が広まってしまったということなんですね。
まずは「白髪を抜いても白髪が増えるわけではない」という事をしっかり覚えておくようにしましょう。

でも白髪は抜いてはいけない!

いくら「白髪を抜いても白髪は増えない」といっても、それは「=白髪はどんどん抜いていい」というわけではありません。
「増えるから」という理由ではなく、「白髪を抜いてはいけない」別の理由があったんです!

では「何故白髪を抜いてはいけないのか?」という理由をきちんと確認して「白髪を抜くと増える」なんていう都市伝説に振り回されないよう、きちんと情報を整理していきましょう。

抜くと刺激が強く頭皮へのダメージが大きい

実は白髪を抜くことがNGとされている理由の一つとして「頭皮へのダメージが大きい」というものがあります。
これは実は白髪だけでなく健康な黒い髪の毛にも当てはまるのですが、基本的に健康な黒い髪を自分で引き抜く人というのはほとんど居ないでしょう。

なので「白髪を抜くと」という文章が前へつきますが、実際は「髪の毛を抜くと」頭皮へダメージを与える。ということを覚えておきましょう。

髪の毛というのはある程度まで伸びたり傷んだりすると自然と抜け落ちていきます。
そうしてその髪の毛が抜け落ちた毛穴から新しい髪の毛が生えてくるものなのです。

けれど白髪・黒髪にかかわらず、現在生えている髪の毛を無理に抜いてしまうとその髪の毛の毛穴が傷つけられて、炎症を起こしてしまったり別の頭皮の病気を引き起こしてしまう可能性もあるのです。

白髪を抜くと毛根を傷つけて薄毛へまっしぐら!

また、白髪を無理に引き抜くことで傷つくのは毛穴だけではないのです!
その毛根まで傷つけてしまったらそれこそ大変です!

毛根が傷つくとどうなってしまうかというと…健康な髪の毛を作ることができなくなってしまい、白髪だけでなく細くて弱々しい髪の毛が生えてきてしまうことがあります。

たくさんの白髪を抜いた毛根全てが弱く細い髪の毛になってしまったら…?
わかりますよね?

それはそのまま薄毛の原因になってしまうのです。
それに薄毛だけならまだしも、何度も生えてくる白髪を抜いたせいで毛根そのものが傷つきすぎて死んでしまって、そのまま毛が生えてこなくなってしまう…なんてことも可能性としてはとても高いんです。

なので白髪が出来てしまっても決して無理やり引き抜くなんてことは無いように気をつけましょう。

 

白髪を抜かない対処法

白髪を抜いても白髪が増えるわけではないという事、そして白髪をむやみに引き抜いてしまうことによって起こる様々な悪影響。
なんとなくわかってくださったかと思います。

けれど、「白髪をむやみに抜いちゃいけないことはわかった!けど、じゃあこの白髪、一体どうしたらいいの??!?」と思いますよね?
なので、今度は白髪を「抜くことなく」対処できる方法を説明していきましょう。

現在白髪で悩んでいる人にとって、ここが本題となりますので、ぜひ最後まで読んで自分の白髪をどう対処していくかをしっかり考えていきましょうね!

抜かずにハサミで根元近くから切るようにする

大切なことは「白髪を抜かない」ことなんです!
じゃあどうすれば良いのか?そう、「切ってしまえばいい」のです!!

「そんなの、抜くのとそう変わらないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実は全然違うのです!

白髪をぬくことによって毛穴や毛根が傷ついてしまうので、毛穴まで到達しない、髪の毛の根本近くをハサミで切るようにしていきましょう。
そうすることで、気になる白髪を排除し、かつ毛穴や毛根は傷つけることなく対処できるようになります。

けれど注意してください!
この方法が使えるのは「頭全体の白髪の本数が少ないうち」だけです!

白髪が増え始めて「ちょこちょこ生える白髪が気になるなあ」といううちは、この方法で対処できますが、それ以上、例えば頭全体に白髪が広がって増えてしまった場合はもうこの方法は使えなくなります。

そうなった場合は次で説明するヘアカラーなどに切り替える必要があるのです。

白髪染めやヘアカラーで染めて目立たなくする

さて、この白髪染めやヘアカラーは、前記で説明した「根本から白髪をカット」という方法が使えないくらいに、頭全体に白髪が広がってしまったり、白髪の量が増えてしまった場合の「最後の手段」になります。

最後の手段と言いましたが、白髪染めやヘアカラーを使用することで起こるメリットもあります。

例えば、髪の毛を一気に染めることで白髪への悩みやストレスは減りますよね?
また、こまめにカットしたりする手間も無くなります。

ただ、白髪染めやヘアカラー、特に白髪染めのほうですが、そういった髪の毛を染めるための薬剤というのは、頭皮への刺激も強く、繰り返し使うことで髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまうことがあります。

そうなると、白髪を抜くのとそう変わらなくなってしまいますよね?

なので、白髪染めを使うときは必ずパッチテストなどをして、自分の頭皮へ異常が出ないかどうかの確認をするようにしましょう。

また、それでも心配な人は染剤の成分表に書いてある「Ph値」という数値が低いものを選んで購入するようにしましょう。

「Ph」とは、水溶性の性質を表す単位の一つで、この数値が低いものほど皮膚への刺激が少ないとされているのです!
Ph値が少ないものは染まりにくいとも言われていますが、複数回繰り返し使用することできれいに染まっていくともされているので肌に優しく、きれいに染めたい人にはおすすめできるのです!

白髪になる前の予防法

いくら「白髪になったらこうしよう!」という対処法を紹介されたとしても、やっぱり出来ることならば白髪が生えて来る前に予防したいですよね?
それに、生え始めた初期の頃から気をつけるようにすれば、白髪が増えて「そんなに歳をとってないのに頭が真っ白に…」なんて悲惨な状況も避けることができるかもしれません。

特に、白髪を切って対処できる程度の白髪の人は特に、今からできる予防法もありますので、ぜひチェックしてみてください!

栄養を考えたバランスの良い食事をするようにする

大切なのは栄養バランスの取れた食事をきちんと一日3食取るようにするということです。

髪の毛というのは、例えば全て抜けてしまったとしても生命活動を維持するためにあまり影響は無いですよね?
言い方は悪いですが、ぶっちゃけてしまうと「ハゲでも生きていける」のです!

つまりどういうことかというと、必要な栄養分が取れていないときに身体は「身体全体に回す栄養分が足りない!まずは生命維持のために必要な部分へ栄養をまわさないと!」と、人が生きていく上で栄養が絶対必要な部分へと優先的に栄養をまわしていくようになります。

そうすると、生命維持のためにそこまで重要視されない頭髪というのは後回しにされがちになり、結果白髪や抜け毛などの毛髪トラブルが引き起こされるのです。
そうならないためにもバランスの良い食事というのはとても大切なのです。

また、日々の生活リズムの中で3食きっちり食事をとるのが難しいという人もいることでしょう。

そういう人は、毛髪に良いとされているわかめや昆布、めかぶなどの海藻類やメラニン色素の原料となるチロシンという成分が含まれているチーズ類やバナナ、かつおやマグロなどを多く摂るようにしましょう。
けれどやはり理想なのはバランスの良い食事です。出来る限りバランス良く、3食食事をとるように心掛けましょう。

適度に運動をして、良い睡眠をとるようにする

「運動や睡眠なんて白髪の予防に関係あるの?」と思う人もいるかもしれませんが、関係あるんです!!
様々な白髪予防がある中で最も重要といえるのは「成長ホルモンを分泌させること」なんです。

けれどこの成長ホルモンというのは歳を重ねるごとに分泌量が減っていってしまうんですね。
そこで、重要なのが「運動」と「睡眠」なのです!!

実は、成長しきってしまった大人でも、運動時と睡眠時にはこの成長ホルモンは分泌されます。

特に運動時は「ちょっときついかもしれない」と思うくらいの運動時に多く分泌されるので、少し強めの負荷がかかる運動がおすすめです。

また、睡眠時は2?3時間の感覚で成長ホルモンが分泌されているので、年齢により細かい誤差はありますが、平均7時間程度の睡眠が最適と言われていて、特に日常的に睡眠不足な人はより意識して睡眠をとるようにしましょう。

アナタにお薦めの記事

HT033_72A 1
白髪染めのメカニズムについて

知られていない白髪が染まるメカニズムとは 市販されている白髪染めは、多くが2つに ...

AT149_L 2
白髪染めの安全性について

白髪染めは、ただ染まればいいというものではありません。中に入っている成分や人体へ ...

JV032_72A 3
白髪染めとおしゃれ染めの違い

髪の毛は特に人目を引く部分として気にかけておく必要があるわけですが、ある日突然白 ...

評判の良かったヘアカラートリートメントがコレ

利尻ヘアカラートリートメント

rishiri

無添加で28種類のうるおい成分を配合した人気商品

  • 何種類か試したけど、これが一番綺麗に染まった。
  • 匂いがないのでとても扱いやすいし、とにかく手軽に使える。
  • 刺激もないので、生え際の気になった部分に繰り返し使えるで有り難い。
  • 髪にコシが出た感じがすごいする。

ルプルプ

rishiri

髪を艶やかにする美容成分を贅沢に配合した白髪染め

  • 洗い流すときに髪がツルツルで手触りがとても良い。乾いたあとも良い香り。
  • いままで染めた後のゴワゴワが気になっていましたが、これは全くないので嬉しい。
  • 敏感肌で白髪染めの度にピリピリと戦っていたのがウソみたい。

レフィーネヘッドスパ

rishiri

頭皮のケアも一緒にできる新感覚のすぐれもの

  • 頭がすーっとして気持ちいい。もう少し染まりが良かったら。
  • 清涼感のある使い心地。何度か繰り返し使ったら色が付いた。
  • ポンプ式で便利。トリートメントの代わりとして使っています。

   

 - 白髪の原因と対策