ヘアカラートリートメントの口コミランキングサイト

ヘアカラートリートメントの口コミまとめ。ランキング1位はコレ!

大好きなアルコールが白髪の原因になっていた!?今からでも間に合う対処法

beerアルコールを日々好んで飲まれる方、結構多いですよね?
特に社会人の男性なんかだと、「日々の飲み会でアルコールばっかり…」や「会社のストレスで毎晩の晩酌がやめられない…」なんて人もいることでしょう。
特に年末年始や年度末等は忘年会に新年会、歓送迎会などでお酒を飲む頻度も多くなりがちですね。
けれど実はそのアルコールこそがあなたを悩ませる「白髪」の原因になってしまっているかもしれませんよ!?
「なにそれどういう事!?」という方のために、「アルコール」と「白髪」の関係性について、詳しく説明していきましょう!

 

1.アルコールによる白髪の原因

「アルコールが白髪の原因になるなんて事、本当にあるの!?」という方のために、まずはアルコールと白髪がどう関係するのか?原因は何なのか?という部分について詳しく説明していきましょう。

飲み過ぎてない?過度の飲酒が白髪になる原因だった!

何度も言いますが「本当にアルコールのせいで白髪になるの?」と疑問に思う方は多いと思います。
実際にアルコールのせいで白髪になるのであれば、成人してお酒を飲む人はみんな白髪が生えるということになってしまいますよね?
実際にアルコールのせいで白髪になったという話自体、あまり聞く事もないかと思います。

なので「そんな話聞いたことないし、嘘じゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、違うんです!アルコールを「飲み過ぎ」である、ということが問題なのです!
アルコールは昔から適度な量の摂取であれば「薬」にもなり身体に良いとされていますが「過度な摂取」は様々な身体への害があるのです。
もちろんその害は「頭髪」へも悪影響を及ぼします。
その一つが「白髪」なのです。

そして「アルコールの過剰摂取によって白髪になる原因」というのは1つだけではなく、様々な原因から白髪になってしまうことがあります。
なので「アルコールのせいで白髪になった」と言っても、人により、どんな原因がどう作用して白髪になってしまったかは人により違ってきてしまうことがあるのです。
まずは様々な原因を確認して、自分が「何が原因で白髪化してしまったのか?」をきちんと確認できるようにしましょう。

ビオチンが体内から不足して、白髪化が進行する!

少し話が脱線しますが「ビオチン」という栄養分をご存知でしょうか?
「ビオチン」というのはビタミンB群に分類される、水溶性ビタミンの一種でレバーやナッツ類に多く入っています。

さてそんな「ビオチン」がどう白髪とアルコールに関係しているのかというと、「ビオチン」は髪の毛や爪などを健康に保ってくれるためにとても重要な働きをする栄養素なのですが、アルコールを大量に摂取した際、そのアルコールを分解するために大量のビオチンが消費されてしまうのです。

なので、日々大量にアルコールを摂取していると髪の毛の栄養に回すためのビオチンが不足してしまい、白髪化が進行してしまうということなんですね。

アルコールによって肝臓の働きが悪くなってしまう事から白髪へ…!?

「アルコールの過剰摂取で肝臓が悪くなる」というのは誰でも聞いたことがあるかと思います。
もちろんそれは本当のことですし、実際にお酒の飲み過ぎで「最近肝臓が疲れてきてるかも…」「肝臓の調子が悪いなあ」と自覚がある人もいるでしょう。

内臓機能の低下というのは白髪化を進めてしまうことも多いのですが、その中でも「肝臓」というのは血液を貯め、身体の様々な部分に血液を送る役割持っているのですが、その肝臓機能が低下することによって生命への影響が少ない頭髪へなかなか血液が送られなくなってしまい、血液が送られなくなったことによって髪の毛を黒く保つことが出来なくなり、結果白髪化してしまうという悪循環が起こってしまうのです。

アミノ酸不足になり髪を黒くするメラニン色素が減る

アルコールを摂取することによってアルコールを分解するために体内にある様々なアミノ酸が大量に消費されます。

そしてアミノ酸は、アミノ酸が酸化することでメラニン色素という髪の毛を黒く保つための色素が放出され、髪の毛を黒く、健康に保ってくれているのです。
そんなアミノ酸は歳を取ることで徐々にその成分量が減っていき、段々と白髪になってくるのです。

つまり、健康な人でも歳を重ねるごとに白髪が増えていくというのはそういったサイクルがあるからなんですね。

けれど、アルコールを過剰摂取することによってアミノ酸の作用がアルコール分解のほうへ回されてしまい、髪の毛へメラニン色素が送られなくなってしまうのです。
そうなると…もう最後まで言わなくてもわかりますよね?白髪化が進んでしまう原因は、アミノ酸不足もありえるのです。

アルコールによる利尿作用から脱水になり、血行不良になる

「お酒を飲むとトイレが近くなる」という人、結構多くないですか?実はアルコールには利尿作用があるのですが、これは有名な話ですね。

お酒を飲みすぎたときに頻繁にトイレに行くことは決して悪いことではなく、順調にアルコールを分解してくれている印にもなるので、お酒を飲むとトイレに頻繁に行くという人は二日酔いになりにくかったりすることがあります。

けれど頭髪に関してはいい事ばかりでは無いのです…!お酒を飲んでトイレに頻繁に行くというのは、その分水分を多く体外に出しているので脱水になってしまう事が多いのです。

その結果、脱水から血行不良になってしまい頭髪へ回るはずだった血液がそれ以外の生命を維持するために重要な部位へ優先的に回されてしまい結果的に白髪になってしまう事があるのです。

アミノ酸にしてもそうですが、髪の毛に送られるべき成分というのは、身体の他の部分で異常が起きたり、成分不足が起きた場合「後回し」にされやすいのです。

そのために血液やアミノ酸など、髪の毛に必要な成分が段々と送られなくなってしまい結果白髪になってしまうというのは、その成分や栄養素が何であったとしても、白髪化してしまう「流れ」というのは一緒だということを覚えておくといいかもしれません。

 

アルコールによる白髪化の対処法

アルコールと白髪がどう関係しているのかは上記の記述でわかっていただけたかと思います。
では実際にどう対処していけばいいのか?という部分を説明していきましょう。ここからが本題ですよ!

飲酒の量を減らして、禁酒日を作るようにする!

上記で散々「飲酒のせいで白髪になる」というような事を説明してきましたが、ここでひとつ勘違いしてほしくないのは「アルコールを摂取すると必ず白髪になるということではない!」ということなんですね。
結局は、「過度な」アルコール摂取がいけないということなのです。

上記でも説明しましたが、適度な飲酒は身体にも良く、薬になることもあるので「白髪対策=絶対禁酒!」というわけではないという意識を持ちましょう。
大切なのは何度も言いますが「過度な飲酒」がいけないのです。

毎日たくさんお酒を飲む人は、「この日だけは飲まないようにしよう」という日を週に1?2日ほど作り、「休肝日」を取るようにしましょう。
それだけでも結果はかなり違ってくると思いますよ。

肝臓の中で減ってしまった活性酵素をルイボスティーで補う

アルコールの過剰摂取によって減ってしまう「活性酵素」。
肝臓の中でも血液を健康に保つための大切な栄養素ですが、実は「ルイボスティー」でその活性酵素の不足を補うことができるって知ってました?

「ルイボスティーって女性の美肌効果が期待できるって聞いたことはあるけど…白髪にも効果があるの?」なんて思ってしまう人もいるかもしれません。
もちろん、ルイボスティーは美容や妊活に効果がありそういった部分に悩みのある女性が飲む飲み物として有名ですが、実はルイボスティーの効果というのはそれだけじゃないんですよ!

実はルイボスティーには、体内で増えすぎてしまったり減りすぎてしまったりする活性酵素のバランスを整えるための「SOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素」という成分が含まれており、そのSOD様酵素が肝臓に効果的に作用して二日酔いなども改善してくれます。

また、ルイボスティーには「カルシウム」や「亜鉛」、「鉄」、「マグネシウム」などあらゆるミネラルが、とてもバランス良く含まれているのです。
ルイボスティーのミネラルというのは人間の体にとても近いミネラルバランスなので細胞が活性化しやすいと言われています。

また、ルイボスティーはノンカフェインで老若男女問わず誰でも安心して飲めることもあり、白髪改善にもとても効果が期待できます。

ビオチンを含む食品を摂取するようにする!

上記でも説明した「ビオチン」は、人が1日の食事の中で摂取できるビオチンの量は45.1μg(マイクログラム)とされていて、人が1日に摂取するべきビオチンの量は50μgとされています。
なのできちんと3食バランス良く食事を取っている人はあまり意識しなくても必要量のビオチンは摂取できているということになります。

けれど上記でも説明したように、アルコールを多く摂取する人は、そのアルコール分解するために大量のビオチンが使われることになります。

またお酒をよく飲む方に多いのは、お酒を飲むときは食事をしなかったり、二日酔いのせいで次の日の食事がおざなりになったりすることも多いでしょう。
なのでそういった方は特に意識してビオチンが含まれた食品を日々の食事の中に取り入れるようにしましょう。

上記でも軽く紹介しましたが、ビオチンはレバーに多く含まれており、そんなレバーの中でも特に鶏レバーに多く含まれております。
鶏レバーに含まれるビオチン量は様々な食材の中でもダントツで、約230μgものビオチンが含まれているのです。
「230って取り過ぎじゃない…?」と思われるかもしれませんが、実はビオチンは他のビタミンに比べて体外に排出されやすい栄養素になっていますので、普段から摂取量が少ないと思う人はより意識して多くの量を摂取するべきといえるでしょう。

また、「レバーが苦手で…」という人もいるかと思いますが、ビオチンは先程も言ったように様々な食品に含まれています。
例えばピーナッツバターやアーモンド、また納豆や湯葉などのナッツ・豆製品にも多く含まれているので、自分の食べられるものから選んで摂取することが可能なんです!

アナタにお薦めの記事

HT033_72A 1
白髪染めのメカニズムについて

知られていない白髪が染まるメカニズムとは 市販されている白髪染めは、多くが2つに ...

AT149_L 2
白髪染めの安全性について

白髪染めは、ただ染まればいいというものではありません。中に入っている成分や人体へ ...

JV032_72A 3
白髪染めとおしゃれ染めの違い

髪の毛は特に人目を引く部分として気にかけておく必要があるわけですが、ある日突然白 ...

評判の良かったヘアカラートリートメントがコレ

利尻ヘアカラートリートメント

rishiri

無添加で28種類のうるおい成分を配合した人気商品

  • 何種類か試したけど、これが一番綺麗に染まった。
  • 匂いがないのでとても扱いやすいし、とにかく手軽に使える。
  • 刺激もないので、生え際の気になった部分に繰り返し使えるで有り難い。
  • 髪にコシが出た感じがすごいする。

ルプルプ

rishiri

髪を艶やかにする美容成分を贅沢に配合した白髪染め

  • 洗い流すときに髪がツルツルで手触りがとても良い。乾いたあとも良い香り。
  • いままで染めた後のゴワゴワが気になっていましたが、これは全くないので嬉しい。
  • 敏感肌で白髪染めの度にピリピリと戦っていたのがウソみたい。

レフィーネヘッドスパ

rishiri

頭皮のケアも一緒にできる新感覚のすぐれもの

  • 頭がすーっとして気持ちいい。もう少し染まりが良かったら。
  • 清涼感のある使い心地。何度か繰り返し使ったら色が付いた。
  • ポンプ式で便利。トリートメントの代わりとして使っています。

   

 - 白髪の原因と対策