ヘアカラートリートメントの口コミランキングサイト

ヘアカラートリートメントの口コミまとめ。ランキング1位はコレ!

白髪に効果あり!?亜鉛がもたらす心強い効果を大いにご紹介!

aen「最近白髪が増えてきたなあ…」「この白髪、なんとかしたい…」と、白髪についての悩みを持っている方、少なくないですよね?

白髪は、ただでさえ年齢を重ねるごとに増えてしまいますし、「若白髪」なんていう歳も若いのに白髪が生えてきてしまう現象もあるので、白髪の悩みを持っている人というのは案外多いものなのです。

そこで今回は、多くの人が悩むそんな「白髪」に対して、実は「亜鉛」がとても効果があるという事を説明していきたいと思います!

亜鉛の白髪への効果

「本当に白髪に亜鉛が効くの…?」「そもそも何で亜鉛?」と疑問に思う人もいるかもしれません。
そこでまずは、なぜ「亜鉛が白髪に効果がある」と言われているのか?
また、実際に亜鉛が何に対してどう働いているのか?という部分を細く説明していくとしましょう!

白髪にならないための成長ホルモンの合成を助けてる

実は、亜鉛は亜鉛そのものが白髪を黒く戻してくれるわけではないのです。
「じゃあ意味ないじゃん!」と思うかもしれませんが、そうではないのです!

亜鉛は、「髪の毛を白髪にしてしまってる様々な原因」に対して効果を発揮してくれるのです。そのうちのまずひとつ目は「成長ホルモン」に対してです。
「成長ホルモン」と聞くと、子供の身体を作るため、背を伸ばすためなどに働くホルモンという印象を持ちますよね?
もちろんそれも間違いではありません。けれど成長ホルモンは実は大人になってからも分泌され続けるのです。

そして、その成長ホルモンのおかげで、肌や髪がきれいに健康のまま保たれるのですが、そんな成長ホルモンが不足してくると髪の毛は痛み、段々と白髪になりやすくなります。

亜鉛はそんな「成長ホルモン不足」の強い味方になり、成長ホルモンが合成し、つくられるのを助ける力を持っているのです!

ストレスによって減少してしまう成長ホルモンを抑える

2つ目は、こちらも「成長ホルモン」に関してですが、成長ホルモンというのは、日々の身体的・精神的ストレスによって徐々に現象してしまいます。
「ストレスが溜まっている人がやつれたり、不健康に見えたり、老けて見える…」なんてことありませんか?

それは、まあもちろんそれだけではないのですが、成長ホルモンがストレスのせいで減少してしまっているからでもあるのです。
なのでストレスが溜まっている状態でも成長ホルモンというのは減少してしまいます。

亜鉛はそんなふうにストレスによって成長ホルモンが減ってしまうのを抑えてくれる力も持っているんですね。

不足した髪に大切なたんぱく質を補ってくれる

髪の毛が白髪化してしまう原因は、成長ホルモンだけではありません。
そもそも「毛髪の主成分」とは何かわかりますか?

そう、「タンパク質」です。髪の毛はその成分の多くはタンパク質から出来ているので、そのタンパク質が不足してしまえば、当然髪の毛は健康に保たれることはなくなります。

失われた蛋白質を補うには各種ビタミンなども必要になってきますが、一番大切なのは実は「亜鉛」なのです。
ここまで言えばもうわかりますよね?

髪の毛の成分のほぼほぼを占める「タンパク質」は「亜鉛」によって補うことができるのです。

メラニン色素を破壊してしまう、過酸化水素を除去してくれる

髪の毛が白髪化してしまう原因として、ここ数年で挙げられるようになったものがもう一つあります。
それが、髪の毛を黒く保つための「メラニン色素」を破壊してしまう「過酸化水素」というもの。

「え?過酸化水素って漂白剤とかに入ってるアレ?」と思った方、正解です!

実はその過酸化水素というのは、人間の体内でも作られているのです。

人が呼吸をしたときに「酸素」を吸い込みますよね?

その吸い込んだ酸素の一部は体内で「活性酸素」というものに変わるのですが、その「活性酸素」のさらに一部分が「過酸化水素」となってしまうのです。
若い人であれば、その過酸化水素は体内で分解できますが、歳を取ると分解してくれるための成分が少なくなり、分解しきれなかった過酸化水素が少しずつ体内に蓄積されてしまうのです。

その蓄積された過酸化水素がメラニン色素を攻撃し、徐々に白髪を増やしていってしまうんですね。

けれど「亜鉛」であれば、加齢によって分解できなかった過酸化水素を除去してくれるのです!
そうすることでメラニン色素が破壊されることがなくなり白髪化が落ち着くというメカニズムなんですね

 

白髪に効果のある亜鉛の摂取法

髪の毛が白髪化する様々な原因に効果がある亜鉛。けれど「効果はわかったけど、亜鉛ってどうやって摂取すればいいの?」「そもそもどんな食べ物に入っているの?」と疑問に思う人も居ますよね?

ビタミンと聞けばなんとなく想像がつくかもしれませんが、「亜鉛」というのは、あまり聞き慣れない栄養素でもあります。

なので、どういったもので摂取していけばいいのかも詳しく説明していきますね!

亜鉛の含まれているサプリメントを取るようにする

まず、亜鉛はサプリメントでも摂取することができます。
亜鉛サプリとして有名なのは「DHC」から発売されている60日分1パックの商品です。

これは値段も安く、薬局やディスカウントショップなどでも販売されているので、知っている人も多いかもしれません。

むしろ「亜鉛のサプリメント」と聞いて、真っ先にイメージするのはこの商品かもしれませんね。

もちろん、それ以外の会社からも「亜鉛サプリ」というのは多く販売されています。

実は、「亜鉛」という成分は食品からの吸収率があまり良くなく、また体内に備蓄しておくことが出来ない栄養素なために、出来ることであれば「食品+サプリメント」の組み合わせで摂取することが好ましいとされている成分なのです。

なので「サプリメントにはちょっと抵抗があって…」という人もいるかもしれませんが、食品からの摂取のみだと、白髪化を改善させるには亜鉛の量が足りない可能性もあります。

自分の食生活を見直して、必要量に達していなかった場合は、サプリメントも併用することも視野に入れたほうがいいかもしれません。

亜鉛の多く含まれた食品を食べるようにする

上記でも書いたように、亜鉛の摂取は「食品+サプリメント」である事が好ましいです。
なので「食事だけ」「サプリだけ」では足りないこともあるのです。

ですから、きちんと「どういった食材に亜鉛が含まれているのか?」をしっかり把握しておくようにしましょう。
まず亜鉛の宝庫として名を挙げるのが「牡蠣」です。牡蠣は「海のミルク」とも呼ばれていて、様々な栄養が豊富に含まれていることは有名ですよね?
そんな牡蠣には「亜鉛」も多く含まれているんです。

実は「牡蠣」を1日1つ食べるだけで、1日に必要な亜鉛摂取量は難なくクリア出来てしまうのです。
なので、牡蠣を食べればサプリメントは要らなくなるかもしれませんね。

けれどそんな牡蠣は季節物でもあるので、時期によっては食べることが不可能だったり、そもそも牡蠣が苦手…という人も少なくありません。
なので、そういう場合は他の食品で摂取するようにしましょう。

例えば、肉類にも亜鉛は含まれています。牛肉・豚肉・鶏肉、どれでも亜鉛を摂取することができますが一番多く含まれているのは牛肉で、約100gで2.7mgの亜鉛が含まれています。

また、日本人が日常的に食べる食品、白米や魚類、牛乳、食パンなどにも微量ではありますが含まれているので自分の食事を見直して効率よく亜鉛を摂取していけるようになるといいでしょう。

 

亜鉛を取る際の注意点

白髪を改善してくれるために大活躍してくれる「亜鉛」。
けれど、そんな魔法のような「亜鉛」ですが、摂取するときに気をつけなければいけないこともいくつかあるのです。

なので、最後に「亜鉛を摂取する際の注意点」をきちんと確認していきましょう。
そして、健康的に正しく亜鉛を摂取して、白髪の悩みが解決していけるようにしましょうね!

亜鉛の一日の必要摂取量を守るように心がける

実は、亜鉛の一日に必要な摂取量というのは決まっていて、少なすぎても多すぎても良くないのです。
厚生労働省が発表している「日本人の食事摂取基準」という数値の最新版(2010年)によると、亜鉛の摂取量の目安は、18歳から65歳の男性の場合は1日11.18mg、そして女性の場合は10.03mgとされているのです。

さらに妊婦さんや授乳中の女性の方はそこに2?3mgプラスして摂取することが推奨されています。
日本人が1日の食事で摂取できる平均量が7?9mgと言われているので、若干基準値よりも少ないくらいですね。
また、この平均量とは、1日3食バランスよく食事をした場合の数値なので、1日3食きちんと食べていなかったり、外食やファーストフードばかりの食事をしている人は更に少ないと思われます。

なので日々の食事を見直して、不足分をサプリメントなどで補うようにするといいかもしれないですね。

過剰摂取すると白髪の増加の危険性もある!

上記で亜鉛の必要摂取量についてお話しましたが、これは「じゃあとりあえず亜鉛をいっぱい摂ればいい!」というわけではないのです。
亜鉛を摂取する上で大切なのは「不足しすぎず、摂り過ぎず」ということです。

亜鉛は、身体の様々な機能を補ってくれるとても頼もしい栄養素ですが、摂りすぎると逆にそれが「脅威」になってしまうんですね。

例えば毎日継続して亜鉛を摂りすぎると「亜鉛中毒」と呼ばれる副作用が出て、めまいや吐き気、頭痛、発熱などの症状に悩まされてしまうこともありますし、「鉄」や「銅」と言われる、亜鉛と同じように人が生きていく上で必要な「必須ミネラル」といわれる成分が足りなくなってしまう副作用が出ることもあります。

また、白髪に対しても亜鉛の摂り過ぎは逆効果になってしまうことがあるのです。

実は亜鉛を摂りすぎることで、同じように髪の毛を健康に保ってくれるための成分でもある、先程も言った「銅」の欠乏症を引き起こしてしまい、亜鉛と銅のバランスが崩れて「逆に白髪が増えてしまった!?」なんて現象を引き起こしてしまうことがあるのです。

ちなみに、「人が健康に生きていく上で、これ以上亜鉛を摂ったら危険だよ!」という一日の亜鉛の限度摂取量は、男性で40?45mg、女性で30?35mgと言われています。

それ以上の量を取り続けると上記のような欠乏症が引き起こされてしまう事があるので、この量を超えないように注意したいですね。

亜鉛の力で白髪化を改善するために大切なのは「亜鉛と銅のバランスを保つ」ということなので、一日の必要量を超えすぎてしまうことが無いように気をつけながら摂取していくようにしましょう。

アナタにお薦めの記事

HT033_72A 1
白髪染めのメカニズムについて

知られていない白髪が染まるメカニズムとは 市販されている白髪染めは、多くが2つに ...

AT149_L 2
白髪染めの安全性について

白髪染めは、ただ染まればいいというものではありません。中に入っている成分や人体へ ...

JV032_72A 3
白髪染めとおしゃれ染めの違い

髪の毛は特に人目を引く部分として気にかけておく必要があるわけですが、ある日突然白 ...

評判の良かったヘアカラートリートメントがコレ

利尻ヘアカラートリートメント

rishiri

無添加で28種類のうるおい成分を配合した人気商品

  • 何種類か試したけど、これが一番綺麗に染まった。
  • 匂いがないのでとても扱いやすいし、とにかく手軽に使える。
  • 刺激もないので、生え際の気になった部分に繰り返し使えるで有り難い。
  • 髪にコシが出た感じがすごいする。

ルプルプ

rishiri

髪を艶やかにする美容成分を贅沢に配合した白髪染め

  • 洗い流すときに髪がツルツルで手触りがとても良い。乾いたあとも良い香り。
  • いままで染めた後のゴワゴワが気になっていましたが、これは全くないので嬉しい。
  • 敏感肌で白髪染めの度にピリピリと戦っていたのがウソみたい。

レフィーネヘッドスパ

rishiri

頭皮のケアも一緒にできる新感覚のすぐれもの

  • 頭がすーっとして気持ちいい。もう少し染まりが良かったら。
  • 清涼感のある使い心地。何度か繰り返し使ったら色が付いた。
  • ポンプ式で便利。トリートメントの代わりとして使っています。

   

 - 白髪の原因と対策