*

まだまだ開発途上のヘアカラートリートメント市場

top

白髪染めと言えば、髪がギシギシに傷み、いかにも「染めました」という真っ黒な風合いになってしまう印象も今は昔のこと。
ここ数年で薬剤式の白髪染めを使う人はめっきりと減り、髪や頭皮を傷めることのないヘアカラートリートメントが主流になりつつあります。

しかし、ヘアカラートリートメントは薬剤に頼らず髪の表面に色を付着させる方式のため、実は高い技術が必要なのです。
ヘアカラートリートメントのブームに乗って、各社が新しい商品を発売していますが、その性能はかなりばらつきがあり、中には「全然、染まらない」という意見も。

そこで評判のヘアカラートリートメントの口コミや評判を収集し、まとめてみました。

評判の良かったヘアカラートリートメントがコレ

利尻ヘアカラートリートメント

rishiri

無添加で28種類のうるおい成分を配合した人気商品

  • 何種類か試したけど、これが一番綺麗に染まった。
  • 匂いがないのでとても扱いやすいし、とにかく手軽に使える。
  • 刺激もないので、生え際の気になった部分に繰り返し使えるで有り難い。
  • 髪にコシが出た感じがすごいする。

ルプルプ

rishiri

髪を艶やかにする美容成分を贅沢に配合した白髪染め

  • 洗い流すときに髪がツルツルで手触りがとても良い。乾いたあとも良い香り。
  • いままで染めた後のゴワゴワが気になっていましたが、これは全くないので嬉しい。
  • 敏感肌で白髪染めの度にピリピリと戦っていたのがウソみたい。

レフィーネヘッドスパ

rishiri

頭皮のケアも一緒にできる新感覚のすぐれもの

  • 頭がすーっとして気持ちいい。もう少し染まりが良かったら。
  • 清涼感のある使い心地。何度か繰り返し使ったら色が付いた。
  • ポンプ式で便利。トリートメントの代わりとして使っています。

自分に合った白髪染めの見つけ方

メーカーごとにさまざまな白髪染めがあります。その中で自分の髪に合ったものを探し出すにはやはりパッケージにある色味を見てしまいますが、必ずしもそのとおりになるとは限りません。それは髪の毛のもともとの色や太さ・硬さなど個人差があるからです。
自身の髪の毛の特徴と、白髪染めの特徴を知った上で選び出すようにしましょう。

 

黒髪が多い人は見本色よりも暗めに仕上がる

もともとの白髪の割合が少なく黒髪の方は暗い色で染まりやすいです。髪質が硬い人もまた仕上がりが暗くなります。黒髪で硬く太い髪の人が利用した場合はパッケージにあるサンプル表示よりも仕上がりが暗くイメージと違って見えてしまうでしょうから、1トーン明るめのものを選んだ方が希望色になりやすいでしょう。
白髪が多く柔らかめの髪質の方は、逆に1トーンくらめにした方が自然で美しくなれます。

部位によっても染まり方が違います。特にフェイスラインやこめかみ・根元・分け目・襟足は染まりにくい反面、白髪が目立ちやすく白髪染めが必要な場所でもあります。まずはこの部分から塗っていき、他の部分より染料を浸透させる時間を長く取るようにした方がきれいに染まるでしょう。

白髪染めは髪の毛の色素を取り除いて、そこに色を入れるという方法となるためブリーチ剤が含まれています。髪の毛が痛みやすくパサパサになりやすいというのはデメリットです。頭皮への負担も大きいです。白髪の量がまだ目立たないうちはヘアカラーを使うのもいいですし、傷むのが気になるというのであればヘアマニキュアやカラートリートメントもあります。髪の毛の状態に合わせてよいものを選び出しましょう。

白髪を黒く染めるにはカラーは黒を選びがちですが、不自然な仕上がりとなってしまいます。濃いブラウンを使った方が自然な黒髪が手に入ります。
それぞれの髪質で合う合わないは違うので、いろいろなメーカーのものをとにかく試してみるのがよいでしょう。使用感も人によっておすすめなものは違います。

 

白髪染めを選ぶ際の注意点

白髪染めを選ぶ際の注意点ですが、白髪染め商品には色々な種類が存在します。
1剤と2剤を混ぜ合わせて使用するヘアカラータイプのものや、髪の毛の表面をコーティングするトリートメントタイプのものが主流です。
ヘアカラータイプのものは一度の使用でしっかりと白髪が染まりますが、その分髪の毛や頭皮へのダメージが大きいといえます。
トリートメントタイプのものは刺激が少なく、髪の毛や頭皮にダメージが少ない上で徐々に白髪そを染めることが出来ますが、色持ちはヘアカラータイプの方が良いと言えます。
形状に関しては液体、クリーム、泡など色々なタイプのものが存在しています。
液体タイプは液だれしやすいのでロングヘアの人向け、ショートカットの人はクリームタイプの方が使いやすいでしょう。
購入する前には安全性をきちんと確認することが重要です。
添加物はどのようなものが入っているか、品質管理はしっかりしているかどうかを確認しましょう。
特にアレルギーをもっていたり敏感肌の人は、購入前にしっかりと成分表を確認する必要があります。
そして実際に使用する前に必ずパッチテストを行うことが重要です。
使いやすさや匂いの注意するポイントです。
素手で使えるものなのか、それとも使用には手袋などの着用が必要なのか、くしを使って使用する製品なのかどうかなども確認しておくと良いでしょう。
白髪染めの中にはツンとして刺激臭のある製品もあり、実際に使用する時間にこの匂いに耐えられずに結局は最後まで使用できなかったということにならないように、香料が使用されているかや天然植物由来の色素なので刺激臭はしないなどの確認も必要になります。
また白髪染めは一回すれば終わりというわけではなく、たとえ一回の使用で綺麗に染まったとしても時間が経てばまた髪の毛は伸びますし、新しい白髪が発生してくるものです。
定期的に使用することを考えると、コストはどれくらいかかるのかを把握しておく必要があります。

 

白髪染めの色持ちを持続させるコツ

白髪染めをできるだけ色持ちするようにするにはどうしたらいいのでしょう。
白髪染めは、きちんと染めれば染まった髪の毛は2~3か月は色が持つことが多いのです。
まずは、しっかりと染めることが大切です。
髪に合ったカラー剤を使う事、白髪の量や髪質などによってカラー剤の色も変えるようにしましょう。
白髪の量が多かったり、髪が太くてかたい人は暗めを選ぶことで色持ちがよくなります。
髪質などによっても持ちは個人差がありますが、日ごろのケアでも色持ちには差が出ます。
シャンプー剤をノンシリコンに変えるだけでも違いが出ます。
シリコンは髪の毛のキューティクルをコーティングして手触りをよくする働きがあります。
サラサラに感じ手触りがよくなるのがシリコン入りのシャンプー剤です。
しかし、白髪染めをしたいと思う場合にはシリコンによって髪の表面がコーティングされてしまうと染まりにくくなってしまうことがあります。
染まりが悪くなると、持ちも悪くなってしまいます。
洗浄力の強いシャンプー剤を使うことで白髪染めが長持ちしにくくなってしまうことがあります。
アミノ酸系の髪にやさしいシャンプー剤を使うことが大切です。
髪の毛を傷めないようにすることも必要なので、毎日のシャンプーは髪にやさしいタイプのシャンプー剤で優しく洗うようにしましょう。カラー毛専用のシャンプー剤もあるのでおススメです。
髪を洗った後にはしっかりと乾かすようにしましょう。
濡れたままにしていると色落ちの原因となってしまいます。
髪が乾燥してしまったり傷んでしまうことで色持ちがわるくなってしまいます。
寝るときには濡れたまま寝ない、トリートメントで髪を保護する、洗い流さないタイプのトリートメントで乾燥を防ぐなどということも効果があります。タオルでゴシゴシと拭くなど髪に負担がかかったり摩擦が起こるようなことは避けましょう。

セルフで染めるより、美容院で白髪染めをした方が色持ちがよくなります。